本文へスキップ

信頼のテクノロジー 先進・村上のアルミ船

TEL. (01558)2-2157

〒089-2605 北海道広尾郡広尾町会所前3丁目12番地

会社概要会社概要

商号
株式会社 村上鉄工所
代表者
代表取締役社長 村上 正篤
本社所在地
〒089-2605
北海道広尾郡広尾町会所前3丁目12番地
→アクセス
TEL. (01558)2-2157
FAX. (01558)2-2004
造船所
〒089-2605
北海道広尾郡広尾町会所前2丁目
→アクセス
TEL. (01558)2-2471
FAX. (01558)2-2453
創立
大正8年 3月
資本金
10,000,000円
従業員数
約29名(2016年6月現在)
取引銀行
日高信用金庫 広尾支店
北海道銀行 広尾支店
帯広信用金庫 広尾支店
広尾漁業協同組合
広尾農協協同組合
主要取引先
北海道内 各漁業協同組合 及び 漁業者
釧路海上保安部 広尾海上保安署
加盟団体
北海道小型船舶工業会
北海道舶用工業会
営業品目
小型船舶の建造・修理・設計・販売
舶用主機関の販売・整備・修理
舶用漁撈機器・艤装品の製造・修理・販売
上記に付帯する一切の業務
その他、海洋関連工作物の製造・販売・一種重軽構造物の設計・製造・販売。

沿革

大正8年 (1919年)
創立。
漁業関係の鉄工業を営む。
その後、舶用主機・設計・油圧機器・漁撈設備の制作、販売、修理を行う。
昭和39年(1964年)
小型鋼船の建造に着手。
北海道沿岸部の鮭鱒流し網漁船を主体に、鮭定置・カニ漁・刺網漁の漁船の建造を行い、
北海道の漁船鋼船化に貢献。
昭和50年(1975年)
小型FRP船の建造に着手。
昭和57年(1982年)
舶用電機部門を設立。
小型船舶の船体・エンジン・油圧・電気・航海機器・艤装・設備等の
一貫工事、修理が可能となり、総合体制が整う 
昭和60年(1985年)
アルミ合金船の建造に着手。
道内漁船建造がアルミ化に進む中、道内での実績は第一位となっている。       
平成8年 (1996年)
量産型アルミ和船の販売を始める。
沿岸漁業・港湾作業・遊漁等をターゲットとした量産型和船を開発。
FRP並の価格で良質のアルミ船を提供するという目的で販売を始める。
平成9年 (1997年)
量産型アルミ和船25Fを、第37回東京国際ボートショーへ出展。
千葉・神奈川・静岡の漁業関係者に大きな反響を得る。       
平成20年(1997年)
アルミ製漁船実績100杯突破。
記念すべき100杯目のアルミ漁船を網走地区におさめる。
14tオモテブリッジ、ホタテ桁曳船の建造に着手。
     

バナースペース

連絡先

本社
〒089-2605
北海道広尾郡広尾町会所前3丁目12番地

TEL (01558)2-2157
FAX (01558)2-2004
mail:mail@murakami-tekkou.com

造船所
〒089-2605
北海道広尾郡広尾町会所前2丁目

TEL(01558)2-2471
FAX(01558)2-2453